HOME 通帳・カード紛失・盗難 振り込みミス 暗証番号 不正利用・スキミング
暗証番号
Q:カードの暗証番号を変更したいんですが。

A:暗証番号は多くがATMで変えられるようになったが、そうでないところは口座がある店舗へ行きましょう。
Q:ATMでカードの暗証番号を変更したいのですが、手数料はかかるんですか?

A:かかりません。無料です。(休日時間外含む)
Q:カードに暗証番号の情報が入ってるのでしょうか? 最近はATMでも簡単に変えられますが・・・。

A1:現在は入っていない。
昔のキャッシュカードは入っていたが、一度でもATMに入れれば情報が消えます。

A2:暗証番号が解らなければ、スキミングされてもおろせない。
しかし、推測されやすい暗証番号にしていたり、覗き見をされたり、他で同じ暗証番号を使ったりすれば危険があります。
また、ATMの画面についた埃、指紋、脂などからもわかってしまう可能性がある。
よって無人のATMに暗証番号を入力した後は画面に触りまくっておいたほうがいいのかも。
Q:スキミングってやられても暗証番号分からないと引き出せないですか?
一度も使ったことがないキャッシュカードなら偽造されても平気?

A:はい、大丈夫です。しかし、キャッシュカード申込書などから暗証番号が漏れたりする可能性も・・。
常に注意は怠らないようにしましょう。
暗証番号の決め方
暗証番号で一番多いのが誕生日にまつわる数字。あなたの誕生日が分かってしまった場合、暗証番号も簡単に見破られてしまいます。そのまま誕生日の数字ではなくちょっとアレンジすることが大切です。

 オススメは誕生日が10月25日の場合は1025の場合は+1111などとプラスする数字を統一して、2135などにするパターン。 相手に見破られにくく、自分自身も忘れにくい数字です。

 または1025→5201と右読みにするパターン。これも簡単には見破られにくい番号でありながら自分自身は忘れない数字です。右読みにしてさらに+1111などすれば察知されないでしょうが、あまり複雑なのも考えモノなところ。

 いずれにしても自分なりに覚えやすく、見破られないルールで決めていくのが良いでしょう。

ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO