ネットバンク一覧表
 
ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行 新生銀行(新生パワーダイレクト) スルガ銀行(ネットバンク支店 / ANA支店) 楽天銀行
みずほ銀行(みずほダイレクト) 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト) 三井住友銀行(SMBCダイレクト) りそな銀行(りそなダイレクト)
東京スター銀行(東京スターダイレクト) シティバンク銀行 ソニー銀行 セブン銀行 イオン銀行 JAバンク ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)
銀行名 案内
ソニー銀行 入金 出金 メモ

http://sonybank.net/
http://moneykit.net/
無料 無料
(セブン銀行)
月4回無料
以降105円
(その他銀行)
・ソニーバンクの特徴と言えば外貨貯金の手数料の安さ。
住信SBIネット銀行の次に安い。
・ソニーバンクの手数料
 他行宛振込手数料210円
 引出手数料(ATM)105円(月4回まで無料)
口座維持費 同行間ネット
振込手数料
無料 無料
コメント
ソニー銀行

 
ソニーバンクの円預金は、きわめてシンプルな預金であり、円普通預金・円定期預金・積み立て定期預金の3種類が揃っています。

 
ソニーバンクの外貨預金は、「個人のお客さまをよりマーケットに近づける」ことをコンセプトに商品開発を行っています。インターバンク(銀行間)市場での取り引きで一般的であることを、ソニーバンクは個人のお客さまとのお取り引きに取り入れています。インターネット経由での取引、店舗を持たないなどコストを抑えて「マーケットに近い金利と為替レート」の実現に努めています。

 
ソニーバンクの外貨預金は手数料が安く、いつでも取引が可能。利用できる外貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、ニュージーランドドル、カナダドル。外貨定期も有能な商品である。

 
ネットバンクで投資信託を購入可能。投資信託の種類も豊富でHP内にて投資信託についての評価・情報を見ることが可能。ソニーバンクは資産運用能力に長けていると言える。

ソニー銀行のメリット

 
考え、調べ、行動するためのお金の道具箱「MoneyKit」。PostPetが目標達成を応援する「ほしいもの貯金箱」やライフプランニングツール「人生通帳」など、資産運用のためのさまざまなツールを用意しています。

 
市場との連動性が高い金利を個人のお客さまに。インターネット専業ならではの金利を提供しています。

 
インターネット専業ならではの手数料で資産運用をサポート。ソニー銀行同士なら振り込み手数料無料、他行あての振り込みでも手数料210円です。

 
お金の出し入れは全国の提携ATMで。
預け入れは無料、引き出しは月4回まで無料(5回目以降は105円の手数料)。セブン銀行ATMでは手数料無料でいつでも引き出しが可能です。

《利用可能なATM》

  • 三井住友銀行のATM
  • コンビニエンスストアam/pmのATM「@BΛNK」
  • 三菱東京UFJ銀行のATM
  • ゆうちょ銀行のATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM(「イーネットマーク」のあるファミリーマートなどのATM)
ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO