ネットバンク一覧表
 
ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行 新生銀行(新生パワーダイレクト) スルガ銀行(ネットバンク支店 / ANA支店) 楽天銀行
みずほ銀行(みずほダイレクト) 三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト) 三井住友銀行(SMBCダイレクト) りそな銀行(りそなダイレクト)
東京スター銀行(東京スターダイレクト) シティバンク銀行 ソニー銀行 セブン銀行 イオン銀行 JAバンク ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)
銀行名 案内
新生銀行(新生パワーダイレクト) 入金 出金 特徴

http://www.shinseibank.com/
無料 無料 ・新生銀行ATM、セブン銀行ATMなら、24時間365日いつでも手数料無料で入金、出金。
・近畿日本鉄道駅構内・東京メトロ駅構内に新生銀行ATMが多く設置されている。
・デイリーヤマザキATM、ゆうちょ銀行ATM、提携都市銀行ATMの利用も無料。
・他行振込無料サービス月1回以上。
・高金利な定期預金、外貨預金に有利。
口座維持費 同行間ネット
振込手数料
無料 無料
コメント
新生銀行とは

 
新生銀行の前身は、一時国有化された日本長期信用銀行。外資系投資ファンドに経営譲渡された後、投資業務とリテールが強化、サービス面もお客様目線の銀行へと様変わりしました。

 
他行振り込み手数料が無料(回数制限有)、提携ATM入出金手数料無料、高金利の定期預金、同じく高金利の外貨定期預金サービスなどを提供し、最も顧客に指示されている銀行の一つである。

 
利用者数が多くヤフーオークションでも広く使われている。店舗の数は少ないが、ゆうちょ銀行やセブン銀行と提携を組み、24時間・手数料無料で入出金できる。

 
ネット上の操作性も良く、円定期も外貨預金も投資信託も、もちろん振込も、24時間365日、インターネットで取引ができます。

 新生銀行の総合口座の名前は「PowerFlex(パワーフレックス)」といいます。
 この口座を開設するだけで、新生銀行が個人に提供している全てのサービスを利用できます。新生銀行の口座を持ってない人は、まずは総合口座「PowerFlex」の口座開設を行います。

ATM利用手数料 - 入金

 
新生銀行ATM、セブン−イレブン等にあるセブン銀行ATM、ゆうちょ銀行および郵便局ATMで、いつでも手数料0円で入金ができます。


ATM利用手数料(全国約60,000台のATMを0円で利用できます) -出金

 
ATM利用手数料が無料です。新生銀行ATM、セブン-イレブン等にあるセブン銀行ATMから、24時間365日いつでも手数料0円で引き出しが可能です。

 
ゆうちょ銀行および郵便局、都市銀行等の提携金融機関のATMでは、手数料をキャッシュバックします。(都市銀行、ゆうちょ銀行および郵便局などのATM引出手数料は後日キャッシュバックされます。※実質無料)


インターネット振り込み手数料

 
インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)またはモバイルバンキング(新生モバイルダイレクト)から振り込めば、他行宛の振込手数料は条件に応じて月1回(新生スタンダード←通常はココ)、月5回(新生ゴールド←100万円以上の預金等)または月10回(新生プラチナ)となります。

 インターネットなら他行宛振込手数料が月1回、5回または10回無料です。無料回数を超えるご利用については1回あたり300円(税込)の手数料がかかります。新生銀行内の他の口座宛ての振替は何回でも無料です。


インターナショナルキャッシュサービス対応

 
PowerFlexのキャッシュカードを、世界170カ国以上に設置されている100万台以上のATMでそのまま利用可能です。しかも引き出しの際には、新生銀行の手数料がかかりません。


外貨預金は1000円から可能

 
新生銀行の外貨普通預金は、インターネットで最低1000円からです。普通預金より金利のお得な定期預金も、インターネットなら10基本通貨単位から預入ができます。例えば、米ドル/円が110円なら、1100円からとなります。

ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO