HOME 外貨預金index 外貨預金とは 取り巻く環境 収益計算とコスト 口座開設
ポートフォリオ 通貨 銀行 外貨定期預金 キャンペーン 税金
口座開設
国内で外貨預金の口座開設するなら住信SBIネット銀行か新生銀行がオススメです。

 住信SBIネット銀行をオススメする理由は、為替手数料の圧倒的な安さです。他の銀行が手数料1ドルに対して円からドル、ドルから円にするのに合計1円かかるのに対して、住信SBIネット銀行では20銭で済みます。

 新生銀行をオススメする理由は、他の銀行に比べて高金利であるということです。

 取引が多めなら、住信SBIネット銀行。寝かせておくなら新生銀行。という使い分けをされている方が多いようです。

 住信SBIネット銀行 新生銀行


アメリカ現地の銀行利用

 アメリカの銀行口座を持つには Social Security No (Tax ID No) が必要となります。非移住者でも書類を書けば開ける銀行もあるようです。書類提出や税金の問題がある(手間がかかる)のでオススメしません。

 アメリカの銀行の定期の注意点は、

 1)利息は100%もえらえる。 ただし税金は別途自己申告(非移住者の場合は住んでる国に税金を払うという書類を出す必要があります)

 2)元金+利息は$10万まで保証

 3)利息はどうにでもできるが(毎月/年に数回もらう、元金に追加)、満期前に元金を下ろすと半年から預け入れ期間の1/2分の利息をぺナルティとして取られる。

 といったところです。

 日本国内在住で、どうしてもアメリカの銀行を利用したいのであれば、シティバンクでいいでしょう。


香港の銀行利用はオススメ

 香港に行く機会があるならば、ぜひ現地の銀行口座を作ってみましょう。

 香港の口座を開く大きな醍醐味として、やはり海外ファンド(ヘッジファンドを含む)への投資があります。

 香港の証券会社を活用することによって、世界の機関投資家並みの投資環境に、24時間どこからでもアクセスできるようになります。

 HSBC(香港上海銀行)では日本人口座数が毎年数万人近く増えているとのこと。「日本にもっとも近いオフショア(税制優遇)」銀行として人気が高いようです。

管理人オススメ!!

毎月の円による利息+預金は長いスパンで
 「
新生銀行」の外貨預金は金利の高さが魅力です。市場実勢に連動したリアルタイムレートで10通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、ノルウェークローネ、南アフリカランド)の取引ができます。

 
新生銀行の為替手数料は米ドルで1米ドルあたり1円の為替手数料がかかりますので、長いスパンでの定期預金に向いています。

 その他、提携先ATM入出金手数料無料サービス。他行への振込み手数料無料サービス(回数制限あり)。日本円定期預金の金利も充実しています。


インターネットバンキング外貨預金部門満足度No.1銀行
 
住信SBIネット銀行がネットバンク外貨預金部門で国内満足度No.1です。コスト面、金利面で秀逸なサービスを提供中です。

 
有利な預金金利・為替手数料で、指値・複合指値の手数料が無料での利用が可能です。

 市場実勢に連動したリアルタイムレートで8通貨(
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル)の取引ができます。

 
住信SBIネット銀行の為替手数料は米ドルで1米ドルあたり20銭の為替手数料がかかります。フレキシブルに取引を行う人にはピッタリです。

 一般の銀行では1米ドルあたり1円程度ですので、かなりの低コストで外貨を購入できるのが分かります。

 その他、提携先ATM入出金手数料無料サービス。他行への振込み手数料は月3回まで無料。日本円定期預金金利も充実しています。

外貨預金特集ページ

ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO