HOME 外貨預金index 外貨預金とは 取り巻く環境 収益計算とコスト 口座開設
ポートフォリオ 通貨 銀行 外貨定期預金 キャンペーン 税金
取り巻く環境
なぜ、外貨預金の人気が高いのか。その最大の理由は金利面での魅力です。

 海外の金利が高いというよりも、国内の金利があまりにも低いため、投資家は外貨建ての預金を選ぶケースが増えています。

 デフレが長期化する中、国内の金利は低水準に抑えられ、株式市場の回復により、金利は上昇基調にあるが、依然として低水準にあるといえる。

 金利の目安となる長期金利(新発10年物国債の利回り)を比較すると、米国の約4.5%に対して日本は約1.5%の水準にとどまっている。

 最近は長期金利が上昇したことから、住宅金融公庫の住宅ローンの原資である財政投融資の金利も上昇しており、連動する住宅ローンの金利も上がっている。  

 2000年あたりから、大手銀行が個人向け外貨定期預金の取り扱いを強化していることも要因にあげられます。

 以前、外貨預金の顧客は中高年の富裕層が中心でした。

 現在は銀行の拡販、特にネット専業銀行のサービスの充実ぶりを受けて30代のサラリーマンやOL層にも広がりつつあります。

 米ドル以外の預金も好調であり、ユーロのシェアも上昇、マイナーな通貨も好まれるようになりました。

 預金金利が低水準にとどまっているほか、株価の長期低迷もあって外貨預金に個人資金が流出しています。

 外貨預金がますます注目度を浴びつつあるといえます。

管理人オススメ!!

インターネットバンキング外貨預金部門満足度No.1銀行
 
住信SBIネット銀行がネットバンク外貨預金部門で国内満足度No.1です。コスト面、金利面で秀逸なサービスを提供中です。

 
有利な預金金利・為替手数料で、指値・複合指値の手数料が無料での利用が可能です。

 市場実勢に連動したリアルタイムレートで8通貨15ペア(
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル)の取引ができます。

 
住信SBIネット銀行の為替手数料は米ドルで1米ドルあたり20銭の為替手数料がかかります。

 一般の銀行では1米ドルあたり1円程度ですので、かなりの低コストで外貨を購入できるのが分かります。

 その他、提携先ATM入出金手数料無料サービス。他行への振込み手数料は月3回まで無料。日本円定期預金金利も充実しています。

外貨預金特集ページ

ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO