HOME 入金 出金 金利 定期預金 預金の種類 ペイオフ
ペイオフ対策
Q:ペイオフ解禁で保証金額が1000万になりましたが、いずれ金額が引き下げられるんでしょうか?
そのうち預金保険自体が無くなるとか??

A:都市銀行の体力は向上しているのでペイオフの心配は余りないと思います。
地方銀行も体力がないところはどんどん買収されていくのが自然ですからまずは自分の預け入れてる銀行の財務状況を調べる事も大切です。
Q:主人が亡くなって、生命保険と死亡退職金で六千万円ほどが口座にあります。
これからの生活や、子どもの成長(進学や結婚等)に伴う費用に大事に使いたいと思います。
ペイオフに備えて預金の分散を考えているのですが、現在持っている銀行口座とゆうちょ銀行口座へ一千万ずつ移して、残り三千万ほどをどうしたらいいのか…。
最近、お仕事で、複数の信用金庫さんの名刺を頂きまして、そちらへ…とも考えているのですが、やはり銀行?とも思います。 いまいち信用金庫と銀行の違いもわからず、どうしたものかと悩んでいます。

A:銀行と信金は根拠法が違うだけで、預金者としてはあんま違いを意識しないでいいと思います。
1000万円以下なら金利の良いネット専業銀行に分散して分けたらよいでしょう。
分散預金でペイオフ対策
住信SBIネット銀行 新生銀行 ジャパンネット銀行 普通預金(利息の付くもの)・定期預金合計で元金1,000万円までとその利息が保護されています。金利が良く、信頼のおける銀行に大事な預金を分散しましょう。
ブックメーカー bet365 ウィリアムヒル ピナクルスポーツ ネッテラー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO